So-net無料ブログ作成

南信州の旅(2) le petit marche mokki [旅]

南信州を回る旅、
宿泊は、伊那の山中に佇むすてきなお宿。

もともと名古屋で東欧アンティーク店を営んでいたオーナーさんが、
名古屋のお店を閉めて信州伊那へ移り、
ご夫婦で「ヨーロッパの郷土料理と西洋民芸 le petit marche」 をオープン。
その後歩いてすぐのところに「mokki」という1日一組限定の山小屋を造られました。
今回は、その山小屋mokkiを3人で予約。

山小屋の中は、東欧アンティークなどで設えられたキッチンや薪ストーブ、
ソファやラグなどで、まるでスイスの山の中にでもいるかのよう。
山の中であることを存分に楽しみながら、でも山なんだからと
あきらめなくてはいけないような不自由さもなく、
なんて心地よい空間でしょうか。

プチマル2015.03.JPGプチマル2015.05.JPG


プチマル2015.01.JPGプチマル2015.07.JPG
ちょうど水野農園さんのリンゴを車に積んでいたので、
砂糖を詰めて薪ストーブに入れてみる。

プチマル2015.02.JPG
長野の小型リンゴ「シナノピッコロ」は
30分ほどで甘酸っぱい香りとトロトロの甘さ、皮は綺麗な赤色に。
こんなに素朴で美しい贅沢おやつになるとは。

プチマル2015.09.JPGプチマル2015.10.JPG
夕食と翌朝食は、歩いて5分くらいの「le petit marche」でいただくことに。
庭というよりは公園…、山あいに広がる土地に野菜やハーブの畑、
犬や猫、鶏などの動物たちも一緒に暮らしてます。

プチマル2015.04.JPGプチマル2015.11.JPG
ご主人が作る、信州の食材を使ったヨーロッパの郷土料理は
どれもプロの味ながら愛情深く、
心地よい空間で楽しい仲間と美味しい料理をいただく幸せ。
朝は、信州産そば粉のガレット♪

朝食後はオーナーさんに誘っていただいて、裏山へキノコ狩りに。
プチマル2015.12.JPGプチマル2015.13.JPG
裏山をどんどん入って、魚が泳ぐ沢を渡り、自生してる葉ワサビも越え、
カラマツの林には、さまざまなキノコが目に留まります(もちろん食べられないものも)。
この日は少しの収穫でしたが、葉ワサビとともにお土産に。


オーナーご夫妻と息子ちゃんが自然の中で暮らす自分達らしいスタイルを
少しだけおすそ分けしてもらい、
さらにお人柄も相まって「楽しんでもらいたい」という最高のおもてなしを受ける。

今年5月にヨーロッパで部屋を借りながら旅したときと同じような体験、
「暮らすように旅する」ことは、ここプチマルシェでもできると思います。

その時にも感じた、
豊かとはどういうことなのか、
私はどこでどういう暮らしをしたいのだろうか、
どこでどう暮らすかは、自分自身で決めることなんだ、
またしても、そんなことを感じながら山を後にしました。

信州は見どころも本当に多く、あちこち寄りたくなりますが、
今度はこの山小屋で過ごすことをメインに訪ねてみたいと思います。
私達3人を温かく迎え入れていただき、ありがとうございました。

そして、一緒に旅してくれたさおりさん、みとさんがいてくれて
楽しさも10割増しになりました。
ありがとう、また行こうね。

(おまけ)
プチマル2015.14.JPG
翌日、持ち帰ったカラマツ茸1粒(^_^;)をお味噌汁に、
葉ワサビを醤油漬けにしてみました。
ご馳走様。


nice!(0) 

南信州の旅(1) 水野農園の林檎畑 [旅]

秋晴れの10月初旬、
友人達と南信州を回る旅に出ました。

南信州はちょうど、栗、リンゴ、キノコのシーズンまっただ中。
事前にお願いして、松川の水野農園さんを訪ねることに。

私達3人ともそれぞれ毎年こちらのリンゴをお取り寄せしていて、
一度畑を見てみたい、と思っていました。
望んでいればチャンスはやってくるものですね。
しかも、リンゴがちょうどたわわになっている時期に訪れることができて
本当に幸せ。
水野さん、ありがとうございます。

さて、さっそく畑へ連れて行っていただきました。
水野農園2015.1.JPG水野農園2015.8.JPG

水野さんの畑は何か所かに分かれて多品種を栽培されてますが、
その中の一つ、標高の高い位置にある畑まで案内していただくと、
たわわにリンゴがなった畑に到着。
え?リンゴってこんなに生るんですか?ってほど沢山の実りが。

水野農園2015.3.JPG
「ジョナゴールド」 水野さんいわく、食後に美味しいと。私も大好きな林檎です。

水野農園2015.4.JPG
「秋映」 スーパーで見るよりも、うんと色が濃く、ダークチェリーが生ってるかのようでビックリ。
なんて大人っぽい木なんでしょう。
今は秋映が収穫適期とのことでとっても美味しかった。

水野農園2015.5.JPG
「グラニースミス」毎年送っていただいてる品種ですが、まだ収穫にはあと1か月以上かかるらしい。

他にも、シナノスイーツ、シナノゴールド、シナノピッコロ、王林、紅玉などさまざまな品種。
それに加えて、南水、豊水などの梨やレクチェなどの洋梨も栽培されてます。

水野農園2015.2.JPG
水野さんから、品種のこと、剪定のこと、土や葉っぱのこと、接ぎ木のこと、
たくさんのことを教えてもらいながら、収穫の体験もさせていただきました。
知らないことだらけで驚くばかり…。

たぶんいろんな考え方や科学的根拠、地域条件にあった栽培方法があるのでしょう。
水野さんもまた、遠方まで学びに行きながら工夫されているとのこと。
そこで学ぶようになってから仕事が楽しくなってきた、とおっしゃってたのが印象的。
現状に満足することなく、常に学び続け、リンゴのこと、お客さんのこと、を思う姿が
カッコ良いリンゴ農家さんです。
その姿勢だけでも見習いたい。

水野農園2015.7.JPG水野農園2015.6.JPG

ご自宅へ戻って、試食までさせていただきました。
お父さんが洋ナシ「ゼネラル・レ・クラーク」の特大も持ってきてくださって
お母さんにも箱詰めしてもらいながら、選別箱詰め出荷のことなども
いろいろと教えてもらいました。
本当にありがとうございます。

水野さんのところは、事前に注文を受けた分を適期に収穫するスタイル。
効率は悪くても、その時一番美味しい状態の果物を詰めて下さいます。
私達も持ち帰る分や郵送してもらう分をお願いして、
畑を後にしました。

無肥料減農薬で手をかけた畑、背後に臨むアルプス、土やリンゴの香り、
きれいな水と空気を肌で感じ、水野さんのお話を伺い、お人柄に触れ、
「水野農園さん、そりゃ美味しいはずだよねー!」
と3人で納得。

収穫時期でお忙しい中を、丁寧にご案内いただき
本当にありがとうございました。
また行ってもいいですか・・・(^_^;)?
深く感謝。
nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2015.10月の日程とメニュー更新してます。 [教室のこと]

9月の教室は、朝晩はかなり涼しくても
昼間教室をやっている時間は、汗ばむような陽気の中、
皆さまお越しいただきありがとうございました。

DSC_1001.JPG
自分で作ったトルティーヤで、カボチャや黒米サラダを
くるくる巻いたブリトー♪
梨とすだちのジュレ♪
皆さんとても上手に作って、美味しそうに召し上がっていただきました。
梨もまだしばらくは美味しい季節です。
ぜひお家でもやってみて下さいね。
ありがとうございました。

さて、10月は秋本番。
食欲の秋ですね。
パン作りにも丁度良い気候だと思います。

今月は、今が旬のキノコ、秋の実りクルミ、里芋やサツマイモ、
THAT'S 秋!!といったラインナップで美味しい秋を
楽しんでいただこうと思います。

パンはカフェオレボール。
ほんのり甘くコーヒーの香りを楽しむ優しいパンです。
DSC_1012.JPG
nice!(0)