So-net無料ブログ作成
検索選択

寒い日はリーキのポタージュ。 [料理]

2月、太平洋側も小雪が舞う寒い日が続く。
昼前から雪が降り始め、車で外出は無理だなっていう日は
家でことことスープを煮込もう。

丁度、土曜日のファーマーズマーケット@オアシス21で
知多市の農家さんが作った超極太リーキ(西洋ポロネギ)を
買ったので、ベーコンと共にスープにする事に。

ネギの仲間なので身体を温めてくれる野菜だし、
ポタージュにすることでさらに保温効果が。

窓の外グレーの世界を眺めながら、
お腹も心もポカポカ。

良いリーキはなかなか手にはいらないかもしれないけど、
太めの白ネギでも今の時期なら美味しいはず、是非に♪
IMG_20150209_201804.jpg
nice!(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

プリザーブドフード 「柑橘」 2014 [料理]

まずは、柚子ピールと金柑コンポートを。
柚子ピール金柑コンポート.JPG
柚子は冬に砂糖漬けにしたものを乾かしてピールに。
金柑は、友人が珍しい高知の種なし金柑「ぷちまる君」を
送ってくれたので、それをコンポートに。


さて、お次は甘夏です。
こちらは、別の友人のお庭で採れた甘夏。
3月は講座などで忙しくて手が付けられず、
4月に入って、さあやるぞ!
と、甘夏20ケでいろいろ作ってみました。

甘夏を使った保存食はマーマレードやゼリーなど
いろいろありますが、
今回は皮でピールを作るのを一番の目的に。
20ケを一気にスタート。

まずはまるごと洗い、
水につけたり、
皮をむいたり、
何回も茹でこぼしては冷水に付けたり、
ひたすら刻んだり、
砂糖で煮たり、
乾かしたり・・・。
2日がかりで、ピール完成。

IMG_20140406_123813.jpg甘夏2014a.JPG
木の葉型のほうは、この後細切りにして乾かし、
グラニュー糖をまぶしてスティックピールに。
ダイスのほうは、ラム酒に漬けて保存瓶に。

まだ中身が残ってます。
甘夏2014b.JPG
翌日は、袋と種を取り除き、
砂糖などを加えて、2日かけて甘夏ソースに。

甘夏2014c.JPG甘夏2014d.JPG
スティックピールが100本以上、
ラム酒漬けが3㎏くらい、
甘夏ソースが20瓶以上、
甘夏シロップが少し、
めちゃ元気な甘夏酵母1瓶。

一番完成度が高いのは、スティックピールでしょうか、
柔らかくゼリーのようになり、美味しい☆

いやー、甘夏20ケがこういう風に変身するとは。
まるっと4日間、
一度に20ケはちょっとキツかった・・・、
相当疲れました(^_^;)
ルクルーゼやパスタ鍋など総動員、
茹でこぼそうにも、重いし熱いし…危ない危ない。

でも、時間と手間をかけただけあって
美味しいものが沢山でき、
とっても満足!楽しかったです。
貴重な体験をさせてもらいました。

また来年もやれたらいいな。。。
ぷちまる君を沢山送ってくれたお友達、
甘夏を沢山送ってくれたお友達、
本当にありがとう、大切に使うね。

nice!(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

グラニースミスのジャム ver.2013 [料理]

少し前のことになりますが、
以前より注文していたリンゴ「グラニースミス」が
11月初旬に、長野県の伊那谷にある水野農園さんより届きました。

グラニー2013a.JPG
段ボールを開けると、立派な青りんごが並んでます。
わ~、こんなきれいなリンゴなんだ!!
グラニースミス自体は初めて見たわけでもないのですが、
水野農園さんのリンゴ、素晴らしいです。

できるだけ農薬を減らし、その代わりに手間ひま惜しまず
たぶん私の想像をはるかに超える形で
毎年工夫を重ね、愛情をかけていらっしゃるのだと思います。
いつか農園にもお邪魔してみたいなあ。


グラニー2013b.JPG
グラニースミスは、しっかりした酸味と食感が
お菓子やジャム作りに向いている青リンゴです。
紅玉ともまた少し違う。
欧米では結構ポピュラーなリンゴですが
日本ではまだ珍しい品種ではないでしょうか。


グラニー2013e.JPG
パキッ!
断面も美しい。。。
甘酸っぱい香りが漂います。

美味しいジャムを作りたいと思って取り寄せましたので
さっそく、煮ていくことに。
ジャム師匠のさおりさんに「あれ、どうするんだっけ?」と
メールしながら(^_^;)、2日かけて作ります。

グラニー2013c.JPGグラニー2013d.JPG

2回にわけて作り、せっせと瓶詰め。
グラニー2013f.JPG
お友達やお世話になった方へお渡ししたところ、
やけに評判が良いようで(^^)/

確かに、美味しい。(←自画自賛ですみませんm(__)m)
さおり師匠のご指導と、そもそも水野農園さんのリンゴが
素晴らしかったからに他なりません。

また来年も作れたらいいなあ。
天候不順など様々な不測の事態で
来年も必ず手に入るとは限らないのが
自然の恵みです。
どうか、自然の恵みが平和に続きますように。


nice!(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

キュウリ。 [料理]

知多半島にあるハーブ農園ホリスティックファームさんへ行かれた
美香ちゃんから、珍しいキュウリを頂きました。

「マーケットモア」という品種
マーケットモア1.jpg

イタリア野菜のひとつで、アメリカ、カナダなどでもみられる品種らしいです。
日本でもっともよく見かけるキュウリは「白いぼキュウリ」。
他にも、黒いぼ、四葉(スーヨー)、加賀太、などの品種がありますが、
こちらの「マーケットモア」ワタシは初めてお目にかかりました。

あまり高温での生育には向いてないようですが、
日本でも種を手に入れて育てることは出来るようです。

イボはほとんどなく、けっこう太め。
皮は、思ったより厚くないのでそのままでも食べられます。
種も少なめで、果肉が多いで、
スライスして食べるのが向いてるとか。

で、こちら。
マーケットモア2.jpg
スライスしたマーケットモアに、
オリーブオイルと塩漬けレモンを散らしただけ。

レモンとオリーブオイルの風味、
塩味とほんのわずかな苦み、
キュウリのシャキシャキとした食感、
これで充分、といった感じ。
美味しい。。。
これだけをおかずに、白ワイン飲みました。
1本、あっという間に食べちゃった。


キュウリなど夏の果菜類には、
沢山の水分とカリウムなどのミネラル分、
また強い日差しから身を守るための抗酸化物質が
多く含まれています。

ワタシたちも、汗をいっぱいかく今の時期、
美味しい夏野菜をモリモリ食べて
猛暑を乗り切りましょう。
(偉そうなこと言ってるワタシが夏バテ気味…トホホ(T_T)。)

nice!(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

自家製 黒糖グラノラ [料理]

本日、30℃を越える真夏日とか。
確かに外は強烈な日差し…暑そう。

ワタシの中でグラノラなどのシリアルは、夏食べるもの。
ヨーグルト、バナナ(生のままでは)とか、おんなじ。
1年を通して食べるものって、案外少ないかも。
冬にキュウリは買わないし、
夏にブロッコリーも買わない。
ま、野菜果物の場合は特にですね。


で、そろそろグラノラの季節です。
冷蔵庫に残ってるドライフルーツやナッツなども
全部一緒に入れて作ります。

グラノラ黒糖01.jpg
混ぜたら、天板へダー。

グラノラ黒糖02.jpg
焼いてる間、丁寧に何度も反します。
焦げてるのか、そもそも黒糖の色なのか微妙。
判断難し。
温度調節しながら40分ほど。


グラノラ黒糖03.jpg
冷ます。
黒糖のせいで、土?砂利?っぽいな。

グラノラ黒糖04.jpg
冷たいミルクと共に。
暑い日の朝にピッタリです♪
バナナやフレッシュフルーツ入れたら、さらに良し。

グラノラ黒糖05.jpg
パッキン付きのガラス瓶で保存。
ナッツ多めだったせいか、香ばしくて美味しいんで
このままで、ついポリポリ。
ミネラルたっぷりの自家製グラノラ、完成です。
バナナとヨーグルトも、そろそろ買ってこよう。



nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ピクルス翌日のまかないご飯。 [料理]

講座で少し残った紫キャベツのピクルス。
翌日のお昼ごはんは、こんなんに。


トースト2枚にバター塗って、玉子コロッケ、紫キャベツのピクルスを乗せる
ピクルスサンド01.jpg

エイっと重ねる
ピクルスサンド02.jpg

半分に切る
ピクルスサンド03.jpg

お皿にのせる。
ピクルスサンド04.jpg

コロッケとキャベツのピクルスって、なかなか良いです。
通常、ホットドッグのイメージからか
ソーセージと合わせがちなキャベツの酢漬けですが、
コロッケなどフライものとでも美味しいです。
あと、カレーとも合うな。

かなりご満悦な、まかないランチ。
ご馳走さまでした。

nice!(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

真夜中のマフィン。 [料理]

夜、小腹が空くと、
焼き菓子とかちょっと食べたくなりませんか?
そういうのが、1日の締めの楽しみだったり。。。

パンは焼き慣れてるんだけど、
計量から始めて出来上がりは3時間後。
夕食の後に作り始めると、寝るのが深夜になってしまう。

その点、混ぜて焼くだけの
マフィンやクイックブレッド系は
1時間もあれば焼きあがるので、
夜のオヤツに間に合う…(~_~;)


今晩も、そんな感じで。
何が作れるかなぁ、
と冷蔵庫の中をごそごそ探す。

試作用に買ったけど使わなかった無塩マーガリン、
使うアテもなく買ってみた三重県産メイヤーレモン、
薄力粉や卵、牛乳、BPなどは常備。

で、出来ました。

レモンマフィン2.jpg

レモンマフィン1.jpg
メイヤーレモンマフィン。

さっそく1ケ、ぱくり。
やっぱり、マーガリンよりバターだよなぁ…。
でも、バターより軽い仕上がりになったし、
家にあったもので1時間でできたし、
これはこれでいいか。

昼は、教室でみんなのパンを焼き、
夜は、ワタシのおやつにマフィンを焼いて、
うちのオーブン、おつかれさまm(__)m。

nice!(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

ミニフライパン活用その1 [料理]

昨年12月のKAO-MARUでご紹介した
アップルクランブル。
KAO-MARU2012.12d.jpg

とても好評だったようで
皆さんおうちで作っていただいてるご様子♪
ありがとうございます。

教室では、多人数分でしたので
大きなグラタン皿で焼いてましたが、
こんな風にも作れます。


銅のミニフライパン。
持ち手もすべて銅製。
直径15~6cmかな?
かなり小さめです。

アップルクランブル1.jpg
ミニフライパンでリンゴやらスパイスやらソテーしたら


アップルクランブル3.jpg
いろいろ乗っけてクランブルも乗っけて


アップルクランブル4.jpg
そのままオーブンへ。



じゃーん。
アップルクランブル5.jpg
ミニフライパンなので、3時のおやつなら2人分位の量。
熱々をふぅふぅしながら。
陶器で焼くよりも、全体がねっとりとする…かな?
美味しい~♪


アップルクランブル6.jpg
…ひとりで全部食べた。
…あっという間に食べた。


銅作家水野正美さんのミニフライパン、
1枚の銅板を打ち出して作られてます。
熱伝導がいいので
ふっくら美味しいパンケーキが作れるらしい。

まずはアップルクランブルから。
オムレツとかにも良いサイズ。
これからも良い仕事してくれそうですなー。
また報告します。

nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

6月の手仕事。 [料理]

朝から時間がある日。
気になりつつも先延ばしにしてた
この時期の保存食。
もうやらなきゃ。
季節は、止まってくれないよ。

まず、ベランダのハーブ。
ハーブはこの時期、わさわさと茂ってくるので
風通しをよくするためにも、刈り込む。
で、刈り込んだハーブは、そのままザルに広げて干せば
ドライに。
タイム2012.6.jpg
タイム。


もちろん、梅仕事。
梅シロップや梅みそなどを仕込む。
保存食2012.6.jpg


梅雨入り前から冷蔵庫で待機中だった「甘夏」はジャムに。
レモンは、塩漬けに。

甘夏ジャム2012.6.jpgレモン塩漬け2012.6.jpg

家中、瓶だらけ…(~_~;)。
とりあえずこれでスッキリ。

炭酸で割ったり、ヨーグルトに添えたり、
キュウリを和えたり、鶏の煮込みに使ったり、と
夏の間、いろいろ楽しめます。


楽しみながら
季節や食文化と寄り添いつつ
こういう作業をする時間って
とても幸せな時間だと思う。

そうこうしてるうちに、
もうお次のプラムやあんずも出始めてるし。
こうして1年追いかけっこの日々。
感謝。

nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理